記録記事です。
恐れていたことが起こってしまいました。
響、背骨の奇形による痛みが、再び出てしまいました。

<1日目>
深夜1時半頃、突然ギャンギャンギャンと鳴き声を発した響。
響自身も驚いたのでしょう。抱っこ要求。
尋常でない鳴き方に、なかなか冷静になれない飼い主達。
慌てて夜間救急に連れて行こうとしましたが、よくよく状況を
見てみると、震えもパンティングも無い。
部屋中ウロウロ落ち着かない様子で歩き回るも、ようやく隅っこで
眠りはじめる。
(背骨の痛み再発か!と思い、痛み止めを飲ませる。)
朝まで様子を見ようということになり、とりあえず就寝。
6時過ぎに、トイレに外へ連れ出すと、途中でギャンギャンギャン。
抱っこというので抱き上げようとするもギャン!
家に入る前に顔を拭こうとしてもキャン!
背骨の痛みだろうと推測していたが、もしかして違う原因???
途方に暮れる飼い主達。
この日は、旦那さんに外せない用事があり、私一人で病院に連れていくことに。
(GWの横浜&鎌倉が予行練習になったようで、カートの扱いにも
慣れていて良かった。)

病院では、超音波とレントゲン検査を行い、やはり背骨の奇形による
痛みでしょうとの診断。
3日間の絶対安静と痛み止め服用。

<2日目>
朝、3回キャン!
抱っこして、「大丈夫!大丈夫!大丈夫!」と言い聞かせる。
私にも大丈夫という確信は全く無いのだけど、なぜか落ち着いて言えた。

<3日目>
朝、小さ目のキャン!

<4日目>
朝、ギャン!(3日目より大きい)

<5日目>
一度も鳴かず! 痛み止めも中止。
この日からは、いつものように飼い主が在宅中はフリーに。

<6日目>
朝、ギャン! 少量のヨダレ&震えでハウスに籠る。
私が仕事に行っている間が心配なので、痛み止め服用。

<7日目>
夜、散歩後にキャン! 痛み止めは無し。

<8日目>
花音に追いかけられキャン!
響が復活しつつあるのを素早く見抜く花音さん。
事あるごとにブヒレスを仕掛ける(汗)
でも、この日のキャン!は、いつもブヒレスで劣勢になると出る
響のヘタレっぷりのキャンだったので、少し安心。


★ 今日の響 ★
9日目の今日は、一度もキャン!は出ず。
そろそろ復活か!!!



のびのびポーズも見られました!

IMG_2485.jpg

眉間のしわも無くなり、不安顔からいつもの表情に近くなりました。

前回(2年前)より痛みが強かったと思われる今回。
痛みと不安でしょんぼりしている響の様子は、見ていて本当に辛かった。
何とかこのまま治まってほしいものです。
スポンサーサイト

BUHI柄生地で小物作り★

富士すばるランド

comment iconコメント ( 2 )

原因の根絶とはならないのが歯痒いですが、それもフレブルの宿命なのかもしれませんね。
ちゃおも3歳の夏に同じような“キャン”を発症し…あんな性格なので数日間痛み止めを飲んで凌ぎました。

名前: とんび [Edit] 2016-06-24 08:58

とんびさんへ

そうですね。。フレブルの宿命と思って
上手く付き合っていくしかありませんね。
痛み止めで乗り切れてラッキーと思わなければ…。
ちゃお君も、今後再発しませんように★

名前: カノヒビ母 [Edit] 2016-06-27 22:09

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)