我が家は建て替えなので、建築中は仮住まいの必要があります。

3月に旧居の解体。4月着工。
とのことだったので、2月末には引っ越さなければならない。

仮住まいって、短期契約だから、探すの結構大変なんですよね~。
しかも、ペット可物件。
小型犬1頭ならまだしも、フレンチブル(中型犬)2頭というのは
ハードルあがります

今まで、住宅事情に恵まれてきた為、私も旦那さんも人生初の賃貸契約。
はじめて不動産屋さんに行きました
難条件の中、それでもいくつかの物件を紹介して頂き、
2件内覧させてもらいました。
1件目は、お家賃も広さも満足な綺麗なお家。だけど、駅から遠い。
2件目は、ちょっと古くて1件目よりは狭いけど、駅近なお家。

結果、2件目のアパートを借りることにしたのです。
築年数は経っていたけど、内装は綺麗だったし、意外と構造が
しっかりしているらしく、足音とか生活音があまり聞こえなくて
良かったです。

ただ、よくよく聞いてみると、ペットを受け入れるのがはじめてとか…
いきなりフレンチ2頭とか大丈夫だろうか…。
超ドキドキしながら入居しましたよ
でも、ご近所さんにご挨拶に伺ったら、皆さん良い方ばかりで!
犬好きだから…とか、ウチも小さな子がいるから…とか。
そして、ペットOKになったと知り、すぐ猫ちゃんを飼われたお宅も
途中でクレームが来て追い出されたらどうしよう…。
そんな不安は杞憂に終わり、最後まで住むことができて本当に良かったです!

仮住まい先に引っ越してまずしたことは、響の吠え防止に遮音カーテンと
玄関入ってすぐ部屋だったので、ペット用の柵を買いました

1447720227957.jpg

旦那さんの帰りを待つかのひびの後ろ姿が可愛い
花音さんの胴長っぷりはスルーで

P1100135.jpg

基本フリーですが、長時間のお留守番はケージのかのひび。
私が仕事に行く時は自らケージINしてくれますが、引越直後は
ケージを嫌がり、大変でした。
1週間が経った頃、やっと響が自ら入ってくれて…。
花音は、2週間かかりました。

旧居での生活しか知らないかのひびなので、いっぱい不安はあったでしょうね
家を建てる時期については、飼い主の事情が大きいのですが、
出来るだけ花音と響が本格的な老犬になる前にと思ってました。
なるべく変わらない環境でシニア期を過ごしてもらいたいので…。
なので、一時的にせよ生活環境を変えてしまったことは本当に申し訳無かったけど、
花音と響の体力・精神力・順応性などが衰える前のこの時期はベストだったと思ってます。


仮住まい先での生活は、幸いご近所さんにも恵まれ、立地的にも便利だったので
それなりに快適でしたが、ワンコと暮らすには不向きでした…。
なんでこんなことが!という事が何度もあり、かのひびにもストレスを与えてしまった。
お散歩で会う方々は感じの良い方ばかりだったのですけどね…。
でも、これは住んでみないと分からないことだったので、仕方が無い。
今、家族全員元気で暮らせているので、嫌なことは忘れることにしよう。。。

住めば都。。。この仮住まいも良き思い出になりました
スポンサーサイト

お家作り③ 新居編

お家作り① ビルダーさん決定までのみちのり編

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)