今日は、記録的記事です。

金曜日の夜、花音を用足し散歩に連れて行こうとしたら、お散歩拒否。
(普段の花音は、お散歩拒否なんて絶対にありえないんです。)

それでも、朝からオシッコをしてないので、とりあえず連れ出しました。
無事オシッコを済ませて、少し歩くかなと思ったら、
ポテ…ポテ…数歩進んで、座り込んでしまいました。
(普段の花音がノロノロ歩く時は、お家に帰りたくない時のみ。)
これは、絶対におかしい!!!

その後、ご飯をあげてみると、見向きもしないので、器を口まで持っていくと
ようやく食べ始めました。 完食して、少しホッとしました。
オヤツは、口からペッとされました。
(無理強いはしてませんが、反応を見るには、食べ物が一番分かりやすいので、
いろいろ試しました。普段の花音は、与えたものは全て食べるので。)

やっぱり元気が無さすぎる。
そして、ブルブルッと小刻みに震え出しました。
足(膝蓋骨脱臼)の痛みが出たのだろうか?
それとも、ヘルニア?
体をいろいろさすってみるも、痛みは無さそうだけど、とっても不安。

忙しいから遅くなると言われていた旦那さんに、できれば少し早めに帰ってきて
欲しい旨伝えたら、驚くほど超早で帰ってきました
帰ってきてくれて本当に助かったけど。。愛娘、とても大事なのね~

旦那さんも、やっぱり様子がおかしいというので、病院に行くことにしました。

近所のかかりつけ病院は、時間外診療はやってないので、近場で2院ほど
ピックアップしてあるのですが、どちらもかかったことが無い。
一刻を争う状態ではなかったので、足の病院(少し遠い)に連絡したら
診ていただけることになりました。

病院の駐車場でおろしてみると、スタスタ歩く花音
大丈夫なのかな?と思いつつ、診察室へ。

血液検査&超音波検査の結果は、ほぼ異常無し
脱水が少し見られるので、一過性の夏バテではないかとのことでした!
処置をしてもらって、深夜帰宅しました。

もしかしたら、一晩様子を見て、翌日かかりつけ病院で診てもらうのが
最適だったかもしれませんが、飼い主の精神が一晩持たなかったと思う。
そろそろ健康診断をした方がいいなぁと思っていたので、詳細な検査結果を
聞けて良かったです。

翌日も、やっぱりぐったりな花音。



響は響なりに異変を感じて、寄り添ってみたり、いつになく激しくブヒレスを
仕掛けてみたり、花音の反応を見てました。
響が遊ぼう!って言うと、必ず相手をする花音なので、立ち上がろうとするものの
思うように動けなくて、もどかしそうな花音の表情がせつなかったです

一昨日くらいから徐々に復活。
昨日は、足取りもだいぶしっかりしてきたので、夜散歩にみんなで行きました

KC3X0131.jpg
オヤツくださ~い!

オヤツに見向きもしなかったけど、いつものオネダリ攻撃も復活
本当に良かったです。

元気は無いけど、ご飯はちゃんと食べる。
傍から見たら、それは正常な範囲だと思います。

でも、常に元気で、存在そのものがコミカルで生命力に溢れている花音なので
今回の状態は、すごく心配でした。  家の中が静まり返って暗かったです。

今は、完全復活を果たし、ブヒレスも絶好調!

今回のことは、梅雨明けして急に暑くなり、エアコンもフル稼働で乾燥していたのに
水分補給が足りなかったのでしょう。深く反省です。
お水をあまり飲まないワンちゃんもいるらしいけど、ウチのコ達はむしろ飲む方だと
思っていたので、気にも留めませんでした。
今では、意識してあげるようにしてます。

夏はまだ始まったばかり。 いろんなことに気をつけて過ごそうと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。




フレンチブルドッグひろば
スポンサーサイト

マナーポーチ完成☆

COOLグッズ試作☆

comment iconコメント ( 8 )

読んでいてドキドキしました。
空が倒れた時、私たちは何の知識もなく、やはり夏の夜でしたので、かかりつけの病院へ電話。夕方まで普通にお散歩へ行っていたので、熱中症だろうから、お風呂場でシャワーのお水をかけて冷やして!との指示。
それに従い、嫌がる空を連れて行き冷やし、その後も濡れたバスタオルで冷やし・・・
でもでもどんどんひどくなる熱とぜえ~~ぜえ~~。
夜中でも電話してって言ってた先生も通じず、24時間やっているであろう病院へ賭けで明け方、やはり動けなくなった空を連れて行きました。
歩くんですよね、病院に入ると・・・
でも空の場合、はすぐにまた歩けなくなり、危篤になっちゃったので。。。
わからない時に早く連れて行ってあげる判断は、とってもいい事だと思います。
不安な気持ちは犬にも移るし、何よりも何らかの処置をしてもらえたら、苦しむ時間が短くて済みますもんね。
我が家は(特に私)、あれから、おばかなふりしてでも何度でも不安だったら即病院(笑)

花音ちゃん、頼むから、元気でいてね!と、願っちゃいました。
もう心配かけるんじゃないぞ♪
よかったよかった。

名前: 空太郎まま [Edit] 2013-07-16 18:18

空太郎ままさんへ

コメントありがとうございます!

ドキドキさせてすみません。
当時の空ちゃんを思い出させてしまったでしょうかm(__)m
はじめに夏バテって書けば良かったです。
ワンコは、限界まで我慢するから、突然症状が現れた
気がしてしまうんですよね。
なかなか早期発見が難しいです(涙)
でも今回のことは、予測できたことだなと反省しきり。
本当に。。変だなと思ったら即病院へ!ですね。
今回は幸い大事には至りませんでしたが、原因も分からず
一晩過ごしていたら、不安は倍増だし、症状も悪化していた
かもなので、行って良かったです。
体験談を交えたメッセージ、身に沁みました。
ありがとうございました。

名前: カノン母 [Edit] 2013-07-17 10:25

びっくりしたっ びっくりしたぁあ(>_<)
大事に至らずに本当によかったね(T_T)
病院に着くまで1分1秒が長かったでしょう。。
あぁ ほんとによかった
この子達は口が聞けないから自分達で判断しなきゃいけないんだけど
それって本当に難しよね
お父さん超早で帰ってきたのね(笑)
それこそ電車の中の1分1秒が長かったでしょうね(^_^;)
すぐ病院へ 我が家も肝に銘ずるわ

名前: たらまま [Edit] 2013-07-18 08:03

花音ちゃん、回復してホントによかったです。
ちょっと普段と様子が違うだけで不安になりますよね。
一晩様子みる間、自分の精神がもたないの、すごくわかります。
涼しくなるまでBUHIちゃんも飼い主さんも大変だけど、
みんなで元気に乗り越えたいですね。

響くんのお姉ちゃん想いなところと、しんどいのにそれに応えたい
花音ちゃんの様子に胸がキュゥーっとなりました。。
花音ちゃん、これからも仲よしな姿を楽しみにしてるから、
ずっとかわいく、元気でいてねー。


名前: ゆめまま [Edit] 2013-07-18 19:01

こないだ旦那がお散歩で会ったときに、花音ちゃんが体調不良って聞いて、
大丈夫かな〜と心配してたけど、こんな大変なことになってたのね・・!!
花音ちゃんがお散歩とかごはん拒否だなんて、今まででは考えられないから、
心配で仕方なかったよね・・。
回復して、ほんと良かった〜。
これからも暑い時期が続くから、まだまだ心配は尽きないだろうけど、
やっぱり夜間に診察してくれる病院は大事だね。
お互い、猛暑を頑張って乗り切ろうね!!

名前: タルもな [Edit] 2013-07-19 08:21

たらままさんへ

ご心配ありがとう!
いつも元気すぎる花音だから、つい不死身かと思ってたけど
生身のワンコだったよ~(笑)
って、元気になったから言えること。
もっとよくみてあげなきゃね。。反省です。
旦那は、特急に乗って帰ってきたよ^^;
いざとなったらタクシーで行くしかないなと思ってたから
ホント助かったけどv-290
まだまだ暑いから、お互い気をつけて夏を乗り切ろうね!

名前: カノン母 [Edit] 2013-07-19 11:08

ゆめままさんへ

コメントありがとうございます!
ゆめちゃん、そしてご家族の皆様、
お元気でいらっしゃいますか?
今年の夏も、暑さ厳しいようですので、
気をつけてお過ごしくださいね。

ご心配いただき恐縮ですm(__)m
普段、元気すぎるだけに、ぐったりする花音を見るのは
辛かったし、不安でたまりませんでした。
でも、おかげさまで、すっかり元の花音に戻りました!
病院の先生の適切な判断と処置はもちろんですが、
復活が早かったのは響のおかげかなとも思います。
響が周りをウロチョロするので、いつまでも寝てられない!
って思ったのかもしれません^^;
何はともあれ、本当に良かったです。
メッセージ、嬉しかったです。ありがとうございました♪

名前: カノン母 [Edit] 2013-07-19 11:17

タルもなさんへ

そうそう! この間は、タルもなちゃんに会えて嬉しかった♪
今では、バッタリ会うことも少なくなったからね…。
花音にも、会わせてあげたかったよ。
お散歩やご飯を拒否する花音を今まで見たことが無かったから、
虹の橋に向かって歩き出しちゃったのかと思って、本当に怖かった。
今や、すっかり元に戻って、響と毎日ドタバタやってるよ~^^;
いろいろ注意しながら、頑張って猛暑を乗り切らなきゃね!
タルもなさんも、気をつけて過ごしてね☆

名前: カノン母 [Edit] 2013-07-19 11:25

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)