FC2ブログ



今月のタイルレッスンは、ペーパーホルダーを作りました。

ここ2作ほど渋めが続いたので、今回はカラフルにしたいと思いましたが…。
欲張り過ぎたか。。ちょっと色使い過ぎでごちゃっとした印象
そして、フラワータイルを集めて一つのお花のように表現したいと
思いましたが、配置難しく迷走した感アリ

でも、どれも私好みの可愛い色のタイルを使えたので、楽しかった~

17p.jpg

カノヒビ用のトイレットペーパー置きに使っている100均のペーパーホルダーが、
可愛くなり、満足です
ペーパー置くと失敗部分も隠れるし

タイルと目地の重さで安定感も増しました!

IMG_5335_2018072015441894c.jpg

自作のお手入れアイテムが並ぶのは嬉しいものです。。ムフフ~
スポンサーサイト



ウェットティッシュポーチ

ラミネート売場の奥底に見つけたBUHI柄。
見過ごせず、買ってしまいました!

今回は、ファスナーもまずまずちゃんと付けられました

そして、前回苦戦したカシメの穴開け。
キリでひたすら頑張ったけど、手が痛くなり、旦那さんに手伝ってもらった
ちょっと前に友達から電動ドライバーをプレゼントしてもらい、
今回は、電動ドリルであっという間!
キレイだし、超楽チンでした


IMG_5301_201807091824463eb.jpg

ファスナー付きポーチ

タイルの道具入れにしたいと作りました。
裏地付きのファスナーの付け方がイマイチ分からず、自己流だけど
何とか形になりました!

30㎝のファスナーを使用したので、出し入れが楽で気に入ってます


IMG_5327_201807091824478e0.jpg

人用クールタイ

5月頃から暑く、梅雨明けも異常に早かった今夏は、スーパー酷暑だとか
ワンコ用クールタイは、以前作ったものが沢山あるけど、
飼い主だって暑さ対策は必需!
お散歩だけでなく、ちょっと遠くのスーパーまで行く時なども重宝してます。

しかし、この暑さ まだまだ長く続くと思うと、ホントうんざりです。
私の周り、結構夏好き多いのだけど、私は暑いの大嫌い!
秋が待ち遠しいです。

なるべくお家に籠って、ハンドメイド三昧で夏を乗り切ります

昨年5月から始まった花音のIBD闘病。
早いもので1年が過ぎました。

4月~6月までの記録です。

◇総タンパク質 (基準参考値 : 6.0~8.0)
・4月19日  5.8
・5月18日  6.0
・6月14日  6.0
・6月30日  5.8

◇アルブミン (基準参考値 : 2.6~3.9)
・4月19日  2.5
・5月18日  2.4
・6月14日  2.6
・6月30日  2.5

◇体重
・4月19日  11.05
・5月18日  11.2
・6月14日  11.25
・6月30日  11.25

◇ALP (基準参考値 : 14~142)
・4月19日  299
※肝機能の異常を示すこの数値、6月14日の検査では
基準値内に戻っていました。

<お薬>
・抗生剤 (IBD用)  1日2回
・抗生剤 (膀胱炎用)
・消炎剤 1日1回
・免疫抑制剤
・肝臓のお薬 1日1回

4月から減薬に挑戦しています。
ALPが一時的に高かったこともあり、消炎剤(ステロイド)を減らしたいと
申し出たのですが、花音の場合、ステロイドが数値の安定をもたらして
いるのではないかと先生は仰る。
経験に基づく先生の勘を信じて、免疫抑制剤から減らしていくことになりました。
少しずつ減らしていき、現在1/5の量ですが、数値は維持できています!
の状態もとっても良い! もちろん花音は超元気!!!
順調~♪ なんて話していたら、先生のエコーの手が突然止まりました。
なんと、脾臓に約2㎝のデキモノがあると!

脾臓のデキモノ。
とあるサイトによると、2/3は悪性で、その内の2/3は血管肉腫という
悪性度の高いものだそう。
転移もしやすいため、血管肉腫の予後はとても悪い。

先生は、悪性であるとは限らない。
ただ、良性であっても、脾臓に出来たデキモノは、破裂すると体内で
大出血を起こし、緊急手術になる…と。
いつもと違う様子の時は、すぐ来てくださいと言われています。

悪性でも良性でも、とにかく破裂が怖い。
脾臓全摘の手術をすることになると思います。
現在、免疫抑制剤を飲んでいるため、術後の傷の治りが悪いことや
感染症にかかりやすいので、手術が出来ません。
IBDの症状を抑えられる最低限の薬量まで減らしてからの手術になるそうです。

またもや手術待ちの状態。 健康体だったらどんなに良かっただろう。
そんなことを思っても仕方が無いし、現状を受け入れ前を向くしかありません。

おしとやかとはほど遠い花音さん。
響とのじゃれ合いだったり、お散歩で猫を見つけた時の瞬発力だったり
破裂のきっかけがゴロゴロしていてドキドキするわ
でも、大人しくさせるなんて無理だしね。
花音にはいつも通り、楽しくのびのび過ごしてもらおうと思っています。
あとは、飼い主が要観察しながら全力でサポートします!

この夏中には手術できると思います。
良性なら摘出して終わり。 心置きなくIBDの治療に専念できます。
悪性の場合は。。今は考えないことにします。

どうか良性でありますように。
そして、破裂せず、無事手術が出来ますように。



薬の影響で、花音さんの大きくて形の良い自慢の耳が
ボロボロになってしまいました。
しっとり艶やかだった毛並もパサパサに。

免疫抑制剤を飲まずに済むようになれば、膀胱炎も皮膚も治るそうです。
まずは減薬。 ひとつひとつ目の前のことから確実にクリアしていこう!

IMG_5316_201807042302529e8.jpg
オヤツ、もっとくださ~い♪

可愛いお顔
こうやってオネダリしてくれる時間が、長く続きますように

響は、自分のハウスのベッドが一番落ち着く場所だけど、
花音は、留守番以外でハウスのベッドはほとんど使いません。

なので、窓際に寛ぎスペースを作ってみました。


IMG_5272_2018070416382930e.jpg

花音、どうやら気に入ってくれたみたいです

そんな一部始終をしっかり見ていた響くん

IMG_5265.jpg
ちょっと響~ おねぇちゃんのベッドだけど・・・

すかさず入り込んだちゃっかり響

IMG_5267_20180704163825943.jpg

こんなに気持ち良さそうに寝られちゃね・・・

IMG_5268.jpg

ベッドは響に譲った優しい花音姉さんでした

IMG_5292.jpg

いまや、ほぼ響の場所となっており、我が物顔で爆睡の毎日です


★ 犬と暮らすって・・・ ★

先月、訳あって超小型犬を預かっておりました。
当初は、先方の状況が好転するまで長いスパン(最低でも2~3年)で引き取る
予定でしたが、飼い主さんの強い希望により3週間でのご帰還となりました。
私だって、カノヒビを手放すことは絶対に出来ないと思うから、
可愛がっていたワンコと離れる辛さは、よく分かる。
でも、愛情だけでは飼えないことも事実。(もちろん愛情が一番だけど。)
私達も、先方の事情を考慮し、体格差のある難しい3ワン生活の覚悟を決めて
引き取ったのだけど、先方に理解してもらうことが出来ず、本当に残念でした。
「あのコ」は、我が家に慣れようと、必死さが伝わるほど頑張ってくれました。
一番心配だった響も、不本意ながらも受け入れる姿勢を見せてくれました。
3ワンに環境の変化を強いただけという結果となってしまったことが
本当に悔やまれます。
浅はかな行動をしてしまったこと、この先ずっとずっと猛省していきます。
そして、「あのコ」の未来が幸せ一杯であるように毎日祈っていきます。



約40㎝の存在感抜群なトレー。

IKEAのトレーを使った伊東先生のオリジナル教材で、認定講座をはじめて
間もない頃からやってみたいと思っていたので、嬉しい!

私の好みを把握してくださっている先生のアドバイスで、
角タイルは白をベースに、ブルーを少し使用。
白タイルも、真っ白・グレー系・ベージュ系と色の幅が広く、
そこにブルーがほんのり加わって、涼しげで素敵になりました
そして、リーフタイルも渋めの色を選びました。

結構な大きさで貼り甲斐がありますが、サクサク貼っていけるので
とっても楽しかったです

IMG_5281_20180703123339252.jpg



天然石を貼った男前な植木鉢。

天然石の風合い、好きだなぁ
上から2段目に貼ったグレーと赤茶のマットなガラスタイルも
天然石にマッチして、クールな印象になりました。

ちょっと失敗したのは、3段目の白天然石。
遠目に見ると、目地と同化して貼り忘れた感アリアリ
完成画が思い描けなかった結果ですね。
今後の課題です!

IMG_5296_20180703121547c03.jpg

フェイクの観葉植物を飾ってみました。

植木鉢が男前なので、緑のモコモコは可愛らしくハート型を

IMG_5304_2018070312154909b.jpg

粘土の多肉ちゃんと並べて、窓辺に飾りました。

可愛い~