FC2ブログ

エピさんで美味しい朝食を頂いた後は、腹ごなしの散策~



女神湖。

蓼科は好きで何度か訪れているけど、実は女神湖ははじめて。

P1120430.jpg
P1120431.jpg
P1120434.jpg
P1120437.jpg
P1120427.jpg

美しい湖です

1周ぐるりとお散歩しましたが、丁度良い距離でした!

P1120444.jpg

我が家、蓼科に来たらココは外せない!  長門牧場です

P1120440.jpg

お目当ては、ソフトクリーム

濃厚でとっても美味しいです

P1120442.jpg

響の視線の先は。。。

P1120441.jpg

可愛いアルパカちゃん

P1120446.jpg

花音は、仲間意識を感じるのか、牛さんに釘づけ。

その後ろで響は腰が引けてます

P1120447.jpg

花音さん、とうとう座り込んだ

周りにいた人に本気で子牛と間違われた花音です
いつまでも座り込んでいるから、ちょっと恥ずかしかった

01k_20180607234534ff0.jpg

遅めのランチは、「小梨の木の下」という素敵な名前の麺屋さんで
前から気になっていたお店なんです。
(ワンコ連れはテラス席のみ)

ぶっかけうどん、美味しかった!
旦那さんが食べたお蕎麦も美味しかったそうです。

蓼科は、日射しはキツイものの涼しくて最高でした
久々のお出かけ、お天気に恵まれ楽しかったです
スポンサーサイト



梅雨入り直前の初夏を思わせるような週末、蓼科へ行ってきました。


P1120418.jpg

早朝出発したので、まずはエピさんで朝食

ワンコ連れはテラスのみですが、この季節とっても気持ちがイイのです!
以前来た時よりもテラスが広くなってました。

01e_2018060723224578e.jpg

朝から食べ過ぎ  美味しかったです~

P1120411.jpg

こちらは、わんこピザ。  具沢山で贅沢~。

P1120412.jpg

響、待ちきれないご様子

P1120415.jpg
P1120416.jpg
P1120417.jpg

ウマウマで完食でした!

P1120406.jpg
P1120419.jpg

綺麗に整備されたランがあり、帰り際遊ばせてもらいました。

珍しく花音も響と一緒になって走り回ったり、ブヒレスしたり

P1120422.jpg

居心地が良くて、ついつい長居してしまいました

パンも沢山買い込んだし、次の目的地へ行きましょう!


つづく。



リップル・マーケット。

タイルクラフトでお世話になっている伊東先生がワークショップをされる
ということで、参加してきました!

IMG_5260_2018060611303739e.jpg

コラベルのミニトレイを作りました。
前回、青×白系で作ったので、今回は茶系。
可愛い~  ますますコラベルの魅力にハマる私
そして、初めて使うベージュのざらざらした目地。
ずっと使ってみたいと思っていたので、嬉しかったです。

トレイとして使ってもいいけど、タペストリーにして飾っても素敵かも

IMG_5248_20180606113032d5e.jpg

雑貨販売もありました。

可愛いお花のついた持ち手。
ポーチ作った時に使いたいと思います!

IMG_5246_201806061130315be.jpg

鍋フタつかみ。

その内作りたいと思っていたけど、こんなに可愛いのが2個で380円でした。
これは買うしかない
こんなにお安くていいのかしら…。

IMG_5256_20180606113034539.jpg

早速キッチンで活躍!
可愛くて使いやすくて、大満足です


リップル西東京さんは、ハンドメイド講師・作家さんの創業サポートを
してくれる施設だそうです。
(ハンドメイドだけでなく、料理教室や子供向け教室など多岐に渡る。)

今年3月のオープン前に、伊東先生のキッチンにタイルを貼るワークショップ
があり、それに参加させていただきました。
そんなキッチンのタイルや、伊東先生が創られた各お部屋のプレート等
拝見するのを楽しみにしていたのに、全部見忘れたというオチ
きっとまた伺う機会があるでしょう。
その時の楽しみにしたいと思います!



先日、浅草へ行ってきました。

IMG_5254_201806061102547a9.jpg

数年前から愛用させてもらっているMatouさんの裂織展へ。

こちらの作家さんは、2BUHIのママさんでいらっしゃる。
あったかい雰囲気の素敵な方です!
そんなご縁で、裂織というものを知りました。

KIMG0118.jpg

古布を裂いて織った生地で、バッグや小物を創られています。
とても気の遠くなるような工程。
こうやって織られた布は、すごくあたたか味が感じられます
Matouさんの織りなす生地は、何とも言えない優しい色味なんです。

はじめて織り機を見た時は、鶴の恩返しを連想してしまった…

IMG_5257_20180606110255a27.jpg
IMG_5250_20180606110252e31.jpg

今回、絶対買いたいと思っていたBOOKカバー。
好みドンピシャのお色がありました!

本好きなんだけど、家ではなかなか読む時間が取れないので
たまの外出時の電車の中が読書の時間。
素敵なBOOKカバーを探していたので、嬉しいです

IMG_5263.jpg

深みのある爽やかなブルーのバッグ。
一目惚れでした

Matouさんの展示会に伺うといつも思います。
上質なバッグが似合うオトナになりたいな

キレイキレイ(シャンプー)するよ~!と言うと、
お姉ちゃんの元へ逃げ込む響



まんまるクリクリおめめが響のチャームポイントなのに、
こんな反抗的な目つきで睨まれます。
悲しくなってしまうよ・・・

IMG_5229_20180606104718605.jpg

仰向けになって手足バタバタ抵抗作戦

IMG_5231.jpg

そして、寝たフリ作戦。。。コドモか

IMG_5232_20180606104721081.jpg

最後は、全身の力を抜いて抱き上げにくくし、お姉ちゃんにすがりつく。

毎度めんどくさいシャンプー前の一コマです

花音さん! 他人事のようなお顔してるけど、次はアナタだからねっ!


IMG_5245_20180605181750cd9.jpg

最新作。
先月のレッスンでは、籐のティッシュボックスを作りました。

大きいタイルは、コラベル。(ランプ型やランタン型ともいいます。)
このコラベルを自宅キッチンに使ったことで、タイルの魅力にハマった
原点ともいう憧れのタイルを使うことができました!

このティッシュボックスは、レシピが無く、完全フリーレッスン。
「コラベルとか使ってみたいんですけど~」
先生に訴えたら、「ありますよ~!」と、すぐ出してくれました
外側は、磁器と天然石という異素材を組み合わせることで
お洒落度アップ
隙間は、天然石をクラッシュして埋めました。
天然石は、磁器より柔らかいので、ポキポキッと簡単に割れ、
カットしていて気持ちがいい

完全フリーの作成は、今回がはじめてでした。
コラベルを使いたい!と言ったものの、何の構成も考えられなかった私。
先生のご指導のお陰で、こんなに素敵な作品に仕上がりました!
認定講座を修了して、貼り方や目地に少しは慣れてきました。
やっとスタート地点に立てた気がします。
タイルの色や素材をどのように組み合わせるか。
今後の課題です

鍋敷きやコースターなどはタイルが物で隠れてしまうけど、
ティッシュボックスは、常に目に入るので、使っていて
幸せな気分になります



認定講座を修了して初の作品は、ずっと憧れていたバラのカットを施した
ミニテーブルを作りました。
カットはやはり難しいけど、可愛くて感動です
柄にもなく優しい色合いに、自分でもビックリ
これを作った時、よっぽど穏やかな気持ちだったのだろうかね…

IMG_5085_20180603235158f22.jpg

バラのカット、すごく素敵なので、これからの制作に取り入れていきたいです!

★ 課題⑦ ★


ミニテーブル。

タイルニッパーでカットするという初めての作業。
これが本当に難しかったです。
でも、クラッシュしたタイルを貼ることで、表現力がとても増すことに驚きました。
ハートタイルを水色にしたかったので、クラッシュはグレーとブルーの2色を
混ぜることで、外側のグリーンとをうまく繋ぐことができました。
これは、先生のアドバイス。さすがです!
先生は、色彩のプロでもいらっしゃるので、ついつい頼ってしまいます。
タイルと色彩、両面でいろいろ勉強させてもらっており、感謝感謝なのです。

IMG_4030.jpg



★ 課題⑧ ★
IMG_4433.jpg

壁掛け時計。

1/2・1/4・台形・リーフと、タイルカットのオンパレード!
これ、今思うと我ながら良く頑張ったな…と
タイルカットは、苦手意識が強くて。

IMG_4915_2018060323190050e.jpg

寝室のブルーグレーの壁紙に合うようなカラーで作りました。
この時計、秒針のカチカチッという音が無くて、寝室にもピッタリなんです!
時間が曖昧なので目覚ましには不向きですけどね


★ 課題⑨ ★
IMG_4909.jpg

お花のフォトフレーム。

ひたすら台形カット!
やっぱりカット苦手

IMG_4912.jpg

カノヒビの写真を入れたくてモノトーンを狙ったのだけど、
マリンな雰囲気に仕上がりました。


最終課題の為、提出して添削して頂きます。
結果、無事、講座終了することができました
最後まで楽しく作ることができたのは、先生のお陰です。
本当に、ありがとうございました!
今後とも、よろしくお願いいたします。