花音さん、口の中にデキモノができ、3月23日に手術を行いました。

今日は、その時の記録記事です。

2月下旬のこと。旦那さんが、花音の口内の異変に気付きました。
3月初旬に、ワクチン接種のついでに診てもらうと、デキモノだと言われました。
(私達は、軽く考えていて、歯が抜けてしまい、その歯茎が盛り上がっている状態
だと思っていました。)
麻酔をして切除すること。検査機関に出すこと。悪性の場合のこと。
いろいろ説明を受けましたが、突然のことにこの場で手術を
決断することはできませんでした。
抗生剤を飲ませて1週間様子をみることになりました。
1週間後、やはりデキモノは小さくはならず、私達も考えに考え
手術をお願いすることを決めました。

手術前夜は、9時から絶飲食。
翌朝、私がお散歩がてら歩いて病院へ送り届けました。
(その間に、旦那さんが響のご飯を。。こうゆう状況の時、多頭飼いって大変
手術は成功 麻酔から覚めたと連絡があり、指定の時間に迎えに行きました。
短頭種は麻酔のリスクが高いと聞くから、手術の内容よりも麻酔がとにかく怖かった…。
麻酔から覚めて1時間ちょっとだったので、さぞグッタリしているかと思いきや。。。
花音ったら、足取り軽やかに登場し、尻尾フリフリお尻プリプリ
ご機嫌で先生に向かってまっしぐらでした
その後で、やっと私達に気づき、あらっ!いたの!?って表情の花音さん
心配して損したわ!!!って叫びたい心境でしたよ
でも、花音の様子を見ていると、病院で優しくしてもらったんだろうなと
容易に推察でき、先生方には本当に感謝です。
これで、ますます病院好きに拍車がかかりそう

無事、家に帰りましたが、翌朝まで絶飲食。
これが大変でした  
いつも給水ボトルのある所をウロウロ。
ご飯はともかく、お水を我慢させるのはホントに可哀想で
翌朝、ようやくご飯とお水をあげることが出来て、心底ホッとしました。

そして、手術から1週間後の一昨日、病理検査の結果を聞いてきました。
病名は、線維腫様エプーリス。 良性でした!!!

最悪のことまで考え覚悟し、ホントに長い1ヵ月でした。
良性という結果だけ見ると、すぐ手術をしなくても良かったかもしれないけど、
悪性かもという不安を常に持ち続けるのは精神的に無理だし、術前の心電図や
血液検査(異常なしでした!)で、現在の健康状態を把握できたので、やはり
手術をして良かったです。

花音も響も、いつも飼い主にベッタリで、どこを触っても嫌がらないので
全身チェックは毎日やってますが、口内はついつい忘れがち
今回、麻酔ついでに歯石除去もやってもらったので、綺麗な歯を保つべく
デンタルケアも頑張ろうと思います。


IMG_6721_201403312052316fb.jpg

当の花音は、手術なんてものともせず、のほほ~んと過ごしております

手術から帰った日の夜、平和そうに眠る花音の寝顔を見ていたら、
花音と響との楽しい生活を残したいって思いました。
それが、ブログ復活のきっかけです。
相変わらずカメラ嫌いのかのひびですが。。。
断片的でもいい。
写真が撮れない時は文章だけでもいい。
無理のない範囲で綴っていこうと思います

IMG_6722.jpg

実は響も、前足にハゲが出来て通院しましたが、幸い回復に向かっております。
相も変わらず、とっても元気なやんちゃboyです

一人欠けるにはまだ早すぎる。
花音も響も、元気でこれからも楽しい日々を過ごしてくれるでしょう。
今年も、家族揃って桜の花を見ることができて嬉しいです

辛かった3月を取り戻すべく、春を楽しみたいと思います
花音、無事に帰ってきてくれてありがとう
スポンサーサイト

思うところありましてリニューアル復活しました。

今後は、今までのような完全犬ブログではなく、
趣味のハンドメイド(主に犬服作り)のこと、
愛犬(花音と響)のこと、日々のアレコレを
気ままに綴っていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします