昨年5月から始まった花音のIBD闘病。
早いもので1年が過ぎました。

4月~6月までの記録です。

◇総タンパク質 (基準参考値 : 6.0~8.0)
・4月19日  5.8
・5月18日  6.0
・6月14日  6.0
・6月30日  5.8

◇アルブミン (基準参考値 : 2.6~3.9)
・4月19日  2.5
・5月18日  2.4
・6月14日  2.6
・6月30日  2.5

◇体重
・4月19日  11.05
・5月18日  11.2
・6月14日  11.25
・6月30日  11.25

◇ALP (基準参考値 : 14~142)
・4月19日  299
※肝機能の異常を示すこの数値、6月14日の検査では
基準値内に戻っていました。

<お薬>
・抗生剤 (IBD用)  1日2回
・抗生剤 (膀胱炎用)
・消炎剤 1日1回
・免疫抑制剤
・肝臓のお薬 1日1回

4月から減薬に挑戦しています。
ALPが一時的に高かったこともあり、消炎剤(ステロイド)を減らしたいと
申し出たのですが、花音の場合、ステロイドが数値の安定をもたらして
いるのではないかと先生は仰る。
経験に基づく先生の勘を信じて、免疫抑制剤から減らしていくことになりました。
少しずつ減らしていき、現在1/5の量ですが、数値は維持できています!
の状態もとっても良い! もちろん花音は超元気!!!
順調~♪ なんて話していたら、先生のエコーの手が突然止まりました。
なんと、脾臓に約2㎝のデキモノがあると!

脾臓のデキモノ。
とあるサイトによると、2/3は悪性で、その内の2/3は血管肉腫という
悪性度の高いものだそう。
転移もしやすいため、血管肉腫の予後はとても悪い。

先生は、悪性であるとは限らない。
ただ、良性であっても、脾臓に出来たデキモノは、破裂すると体内で
大出血を起こし、緊急手術になる…と。
いつもと違う様子の時は、すぐ来てくださいと言われています。

悪性でも良性でも、とにかく破裂が怖い。
脾臓全摘の手術をすることになると思います。
現在、免疫抑制剤を飲んでいるため、術後の傷の治りが悪いことや
感染症にかかりやすいので、手術が出来ません。
IBDの症状を抑えられる最低限の薬量まで減らしてからの手術になるそうです。

またもや手術待ちの状態。 健康体だったらどんなに良かっただろう。
そんなことを思っても仕方が無いし、現状を受け入れ前を向くしかありません。

おしとやかとはほど遠い花音さん。
響とのじゃれ合いだったり、お散歩で猫を見つけた時の瞬発力だったり
破裂のきっかけがゴロゴロしていてドキドキするわ
でも、大人しくさせるなんて無理だしね。
花音にはいつも通り、楽しくのびのび過ごしてもらおうと思っています。
あとは、飼い主が要観察しながら全力でサポートします!

この夏中には手術できると思います。
良性なら摘出して終わり。 心置きなくIBDの治療に専念できます。
悪性の場合は。。今は考えないことにします。

どうか良性でありますように。
そして、破裂せず、無事手術が出来ますように。



薬の影響で、花音さんの大きくて形の良い自慢の耳が
ボロボロになってしまいました。
しっとり艶やかだった毛並もパサパサに。

免疫抑制剤を飲まずに済むようになれば、膀胱炎も皮膚も治るそうです。
まずは減薬。 ひとつひとつ目の前のことから確実にクリアしていこう!

IMG_5316_201807042302529e8.jpg
オヤツ、もっとくださ~い♪

可愛いお顔
こうやってオネダリしてくれる時間が、長く続きますように
スポンサーサイト

まもなく4月! もう1年の1/4が過ぎようとしていますっ

ということは、炎症性腸疾患・リンパ管拡張症を患い月1受診している
花音の通院も今年になってすでに3回終わってる訳で
今月までの分、まとめて綴ります。

◇総タンパク質 (基準参考値:6.0~8.0)
・1月25日  6.2
・2月22日  6.4
・3月19日  6.2
・3月24日  5.8

◇アルブミン (基準参考値:2.6~3.9)
・1月25日  2.5
・2月22日  2.5
・3月19日  測定できず
・3月24日  2.3

◇体重
・1月25日  -
・2月22日  11.05
・3月19日  10.9
・3月24日  11.00

ずっと調子が良かったのに、今月になって少し下がってしまいました。
この下降がちょっぴり不安なのだけど、体重は11キロ前後をキープ
出来ているので、このまま持ち直してくれるといいんだけどな~。

<お薬>
・抗生剤(IBD用)  1日2回
・抗生剤(膀胱炎用)  1日2回
・消炎剤  1日1回
・免疫抑制剤  1日2回
・肝臓のお薬

昨年末から言われていたのですが、胆泥が溜まってきているとのことで
肝臓のお薬が追加されました。これは、病気が原因かもしれないけど
加齢も要因のひとつらしい。
膀胱炎の抗生剤は、ずっと飲み続けている訳では無いけど、
今年に入っても繰り返し再発しています。
あ~減薬どころか、ますます増えてる状態、何とか打破したいものです!


IMG_4734_20180329155256a45.jpg

ホントに病気か と思うくらい、呑気・元気なお嬢ちゃん

花音を見ていると病犬であることを忘れてしまいそうになるけど、
大量の薬と治療費で我に返るわ
闘病もそろそろ1年になります。
好転して欲しいものです。

5月に病気が発覚して以降、頻繁に病院に通う日々。
今年最後の定期受診を、無事終えました。

◇総タンパク質 (基準参考値 : 6.0~8.0)
・12月25日 6.0 (前回 5.8)

◇アルブミン (基準参考値 : 2.6~3.9)
・12月25日 2.5 (前回 2.4)

◇体重
・12月25日 11.15 (前回 11.3)

<お薬>
・抗生剤(IBD用)  1日2回
・抗生剤(膀胱炎用) 1日1回
・消炎剤  1日1回
・免疫抑制剤  1日2回
※膀胱炎用の抗生剤は2週間分出ましたが、
緊急用なので、症状が出た時に飲ませる予備。

12月も、とっても元気に過ごせた花音です
しかも、血液検査の数値が上がったーーー!
アルブミンが0.1届かずだったけど、上々の結果です。
今回は、他の項目も診てもらったのですが、ほぼほぼ基準値内で
肝臓への影響もまだ大丈夫そうです。
膀胱炎も治っており、薬が1種類減って良かった~。

しかし・・・良かった!良かった!で終わらないのが花音さん
先週の夜散歩の時、私が気付くより早く、響が落ちていたチキンの骨を咥え、
口から取りだそうと押し問答している内に骨が折れてしまい、響の口に残っている
骨を取ろうと奮闘している隙に、投げ捨てた残りの骨を花音が食べ、結局カノヒビ
2人に食べられてしまいました。
様子を見ていたところ、その日の夜と翌朝少し嘔吐しただけで、
特に異変無く過ごせています。
響に至っては、全く異変無し。
一応、花音は受診日に超音波検査で胃も診てもらいましたが
ちょっとアヤシイところが1カ所あるけど、大体は消化したっぽいとのこと。
チキンの骨の怖さの説明をしっかり受け、しばらく花音ちゃん響ちゃんの様子を
しっかり見ていてください!と言われて帰ってきました。
(チキンの骨は、折れると縦に裂け、それが内臓に突き刺さると
非常に危険とのこと。ケンタッキーとか高温で火を通したものは
もろくなっているので、比較的安全らしい。)
今年最後の超ヒヤッとした出来事でした。
本当に気を付けなければ!

何はともあれ、このまま急変さえなければ、無事に新しい年を迎え、
年明け早々に花音さん10歳になれそうです
病院通いは来年も続きますが、穏やかで調子の良い時期が長く続きますように

気付けば年末
今年のことは今年の内にアップしなければ…。

ということで、11月の花音の診察について。

◇総タンパク質(基準参考値 : 6.0~8.0)
・11月27日 5.8 (前回 5.6)

◇アルブミン(基準参考値 : 2.6~3.9)
・11月27日 2.4 (前回 2.4)

◇体重
・11月27日 11.3 (前回 10.7)

<お薬>
・抗生剤(IBD用) 1日2回
・抗生剤(膀胱炎用) 1日1回 → 2週間のみ
・消炎剤 1日1回
・免疫抑制剤 1日2回

花音さん、とってもとっても元気です!
ただ、血液検査の数値が基準値に届かない…。
体重は、久々の11キロ超。
ちょっと前から、重くなったな~と思っていて、単に太っただけ?
それとも腹水?と、少し心配していましたが。
血液検査の数値を見ても、超音波検査で見てもらっても、腹水無し!!!
体重はしっかり戻ってきました。嬉しい

18k

微妙に体勢が違うので分かりづらいですが、半年前と現在の花音。
ぷっくり可愛い背中に戻りました

IMG_4541.jpg

急激に痩せていった半年前の不安とは比べものにならないほどだけど、
背中が広くなりすぎて、これはこれでちょっと心配
贅沢な悩みです

IMG_4543.jpg

のほほ~んとお昼寝に勤しむ花音さん。。可愛い寝顔です


ブログをサボりすぎて、次回の診察が来週です
血液検査の数値に一喜一憂しない!とは思うものの、
日々元気で、の状態も良好だと、現状がよく分からない
この病気は、症状が出ないコも多いみたい。
検査の結果がひとつの目安になります。
数値がもう少し。。せめて、基準値の下ラインに届いているといいなぁ。

元気に新しい年を迎えられますように!

通院ペースが、2週間毎から1ヵ月毎になった花音さん。
途中で病院に駆け込む事態にもならず、10月を無事
元気に過ごすことが出来ました

◇総タンパク質(基準参考値:6.0~8.0)
・10月30日 5.6 (前回 5.8)

◇アルブミン(基準参考値:2.6~3.9)
・10月30日 2.4 (前回 2.3)

◇体重
・10月30日 10.7 (前回 10.64)

<お薬>
・抗生剤(IBD用) 1日2回
・抗生剤(膀胱炎用) 1日1回
・消炎剤 1日1回
・免疫抑制剤 1日2回

基準値をやや下回っているものの、これを安定と言って良いのでしょうか。
体重は、かなり戻ってきていて、抱っこの感覚も安心な重さ。
栄養がちゃんと吸収されている証拠なのかな???

しかし、膀胱炎が再発してしまいました。
ということで、抗生剤も再び飲み始めました。

ウンさんの状態もまずまず良いので、免疫抑制剤がしっかり効いているようですが、
これを服用することで免疫力が下がり、膀胱炎が治らない
膀胱炎は完治を諦めて、薬を飲み続けるか…。
どこで折り合いをつけるかが今後の課題となりそうです。

何はともあれ、花音さん、とっても元気に毎日を過ごしております
1ヵ月分の薬がビビるほど大量だけど、これに守られているんだものね。
この調子で、冬も乗り越えて欲しいです